整体は筋肉があり、歩いているうちがとても有効です

なぜなら理由は簡単ない筋肉は揉めないから。

そして、なくなってしまった筋肉を取り戻すのは、かなりの時間がかかります

ハイシニアさんなら、ちょっと難しい。。。

もう少し早く来てくれてたらな、、、な子、たくさん見てきました

実はこれはわたしの実体験です

愛犬が歩くスピードが遅くなって、と思ってたらお尻が下がってきて

あれっ?お腰が痛いの?なんて思いながら、とうとうシニアの歩き方になって来たかぁ

なんて思いながら過ごしていたら、ふらふらよぼよぼ

とても歩きにくそうで、歩いてると途中でパタンと倒れたり、起き上がれなくなって、寝たきりの日も増えて

病院で老化だから仕方ないね。。。とすることが無くなり、辿り着いたのが『犬の整体』でした

急に歩けなくなった!

と思うのですが、実は愛犬はずっと前からサインを出してくれています

爪を地面に擦る音が聞こえませんか?

階段、段差を躊躇したり、

ソファを飛ぶ手前で何度も勢い付け直したり、躓いたり

寝起きが動きづらそうだったり

後足がぷるぷるしたり

背中が丸くなってきたり

お尻が下がってきたり

頭を上下に振りながら、腰を振りながら歩いたり

横座りしてたり

ドスっと座るようになったり

筋肉のコリが使うべき筋肉を使いにくくしているのかも

そう疑ってみてください

「もうそんな歳なんだね」とスルーしないで「あっ、ちょっとしなやかさがなくなってきたかな?コリがほぐれれば動きやすくなるかな?」と考えてみて欲しいです

膝蓋骨脱臼があったり

ヘルニア、骨折経験がある などの子は若くてもその箇所をかばうかのように、

その箇所以外の筋肉に過度の負荷がかかっている可能性が大いにあります

以上の事が思い当たる子には是非とも整体を体験していただきたいです

そうでなくても

世間で言われるシニア期7歳を迎えていたら、

愛犬の筋肉は今、どんなもんなんだい? と

とりあえず一度整体を受けてみてください

人間でいうと40代、50

私たちもどこか不具合が出てくるお年頃です 

愛犬さんが12歳を迎えていたらなおさらです。

筋肉が凝ってない子はいない

愛犬さんが12歳を超えてたら、筋肉をほぐすケアは必須です

『歩きやすさキープのために』

何かあってからでは。。。筋肉衰えてしまってからでは。。。

『犬の整体ってうちの子に必要なのかな?』と調べてたって事は

何か気になってたことがあるってことですよね。

お気軽にお問い合わせください。

今です!今!!今始めるとき!!!

今日が犬生で一番若い日なんですから!!